小顔形成治療をした方の体験談 プチ小顔術の治療をされた方の体験談

Bさん26歳

プチ小顔術の治療をされた
Bさんの体験談

プチ小顔術では、注射やリフトによるメスを使わないプチ整形で、誰でも気軽に小顔になることができます。エラの張りが気になっている人は、ボツリヌストキシンを注入するだけで自然とエラが解消され、小顔になれます。注入方法か、リフトでの引き上げる治療方法か、自分にどの治療方法が適しているのかを知るためには、体験談などを参考にするとよいでしょう。実際に施術を受けた人の施術前の悩みや選んだ理由、術後の感想などを紹介します。

簡単にエラをなくしたい

家族で私だけエラが張っており、そのことで小学生の頃から周りにからかわれてきました。ショートヘアーが流行っていたとき、周りが次々と髪を切る中、私はエラが恥ずかしく髪を伸ばしていました。写真に写るときはエラを隠すことに必死で、このエラのせいであまりいい思い出がありません。周りに小顔の子が多いので、私は悪目立ちをしてしまい、陰でこそこそと陰口を言われることも多々ありました。どうして私だけこんな顔なのかと泣くことが何度もありました。エラがなくなって小顔になれば、もっといろんな髪型を楽しめ、お洒落の幅も広がって明るい性格になれるのにと塞ぎこむことが多くありましたが、整形に踏み出す勇気が持てずにいました。

プチ小顔術の施術を選んだ理由

張ったエラをなくすには骨を削るしかないと思っていたので、注射だけで小顔になれると知ったときは大変驚きました。カウンセリングの際に、私の話を親切に聞いてくれたお医者さんには今でも感謝しています。理想の輪郭や骨を削ることには抵抗があることなどを正直に話したところ、このプチ小顔術を勧めてくれました。プチ小顔術では、皮膚を切開することや、骨を削ることもありませんでした。痛みに弱い私でも「これなら大丈夫そうだな」と思ったため、プチ小顔術を受けました。痛みや腫れが続きダウンタイムが長いということが、私が骨を削る施術に最も抵抗があった理由です。

休暇があまり取れない仕事をしているため、はやく日常生活に戻りたかったので、本当にプチ小顔術は私にピッタリの施術方法でした。さらに費用を安く抑えることができたので、とても嬉しかったです。術後の腫れなどもほとんどなかったため、すぐに仕事に復帰できたので助かりました。

プチ小顔術の施術・術後の感想

骨を削らずにエラを解消してくれたので、施術時間がすごく短かったという印象です。施術中チクっとした痛みはありましたが、痛みに弱い私でも我慢できる程度だったので、無理なく施術を受けられました。あっという間に施術が終わり、さらに帰宅時にはメイクが可能だったので、きれいな姿で帰宅出来たことが嬉しかったです。施術の傷跡もメイクで簡単に隠れる程度で、数日後には完全に消えていました。

ずっとコンプレックスだったアゴがなくなり、シャープな輪郭と小顔を手に入れることが出来たので非常に満足しています。今では、笑顔に自信がついて誰とでも分け隔てなく話せるようになり、交友関係が広がり、仕事にも自信を持って取り組んでいます。プチ整形といっても効果は抜群なので、私のようにエラに悩み、自分に自信が持てずにいる人はぜひ受けてみるべきだと思います。手軽に小顔になることが出来るプチ小顔術はオススメです。この施術を選んで本当によかったです。

小顔になるための豆知識

エラ張りが発達する原因とその対策とは?

エラは筋肉が発達することで大きく突き出てしまいます。最も多く考えられる原因は「睡眠時に歯を食いしばっている」ということです。エラ部分に手を当て、顔に押し込むように軽く圧を入れた状態で歯をグッと噛み締めてみてください。内側から押し返してくるように感じたり、盛り上がったりする場合はエラの筋肉が発達している証拠です。睡眠中無意識に歯を食いしばらずに、リラックスして眠るためにも枕を変えるなどの対策を施しましょう。