小顔になるための施術法 脂肪解消注射

メスを使用しないで
小顔を手に入れられる。

「脂肪解消注射(メソライン・スリム)」は、メスを使用しない小顔施術方法です。脂質成分の除去を促すことができます。この方法は脂肪細胞膜の透過性と流動性を増加させる作用を持っているため、簡単に脂肪細胞中の固形脂肪を液状に変化させることができます。液体に変化した固形脂肪は最終的に尿や便として排出されるため、体内に残ることはありません。この方法は、部分痩せが可能であるとして、顔だけでなく足や腕など多くの箇所に施すことができます。施術時間は数十分と短いため、仕事や学校の合間など、時間が空いたときなどに気軽に受けることができます。顔に施術を施す場合、綺麗な小顔を手にすることができるのはもちろん、施術の翌日にメイク、洗顔が可能であるため、より綺麗なお顔を保つことができます。また、入院の必要もないため、日常生活に支障をきたす心配もありません。この方法は当サイトで取り上げている、品川美容外科で受けることが可能です。

施術のメリット

脂肪解消注射は、多くの美容外科で「プチ整形」として扱われています。これは、『少しだけ脂肪を落としたい』、『顔の脂肪だけ落としたい』という、女性に適した痩身方法です。施術に使用するのは注射器のみであるため、顔や足、腕に傷を残す心配はありません。施術は1回だけでなく、何度か受ける必要があるため、徐々に効果を得ることができます。そのため、大きく小顔へと変化することがなく、周りの人にも気付かれる可能性も低いです。

このようなお悩みの方におすすめ

  • 脂肪吸引以外で
    部分痩せしたい方
  • 自然にサイズダウン
    したい方
  • リバウンドを
    繰り返している方

よくあるご質問

Qリバウンドはありますか?
脂肪解消注射による効果は、施術から約2~3週間後に現れ始めます。そしてその後、数ヶ月間隔で施術を受ける必要がありますが、その期間中、期間後に栄養バランスの整った食生活、適度な運動を意識することで、リバウンドを防ぐことができます。逆にこれらを怠るとリバウンドしてしまう可能性があります。そのため、脂肪解消注射を受けた際は、食生活と運動に気を配った生活を心掛けることが大切です。そうすることで、より有効に効果を得られます。
Q脂肪解消注射の持続効果は?
脂肪解消注射による効果の持続性は、それほど長くありません。そのため、効果を長く得たい場合は、数ヶ月間隔で施術を受ける必要があります。何度か施術を受けることで得ることができるメリットは、「効果の持続性を長くする」、というものだけでなく、「より高い効果を得られる」というものもあります。脂肪解消注射は、数回受けることで満足できる小顔を長期間、維持することができる方法である、ということがいえます。

体験者の口コミ

こんな方法があったとは・・・、とても驚きです。
顔の脂肪が気になり始めたので、インターネットで美容整形について探していました。そのときに、脂肪解消注射を見つけました。部分痩せを叶えることができる、ということだったので、すぐに受けることを決めました。顔に施術を受けると、その後徐々に効果が現れ、私の顔の脂肪は十分過ぎるほどなくなっていました。理想としていた小顔を手にすることができたので、今嬉しい気持ちで一杯です。この方法に出会えて本当に良かったです。
脂肪解消注射という方法で、綺麗な小顔を手に入れました!
小顔にしたくて仕方がなかったので、「脂肪解消注射」を受けました。私は事前にこの方法について調べていたので、緊張感や不安感を抱くことなく治療に臨むことが出来ました。この方法を選んだことで、体に傷を残すことも、負担を与えることもなく、小顔を手に入れることが出来ました。憧れの小顔になることが出来て、私は今、自分に自信を持つことが出来ています。脂肪解消注射、そして品川美容外科の先生にはとても感謝しています。

おすすめのクリニック

品川美容外科当サイトオススメ

品川美容外科

  • 詳しくはこちら
  • 公式サイト

品川美容外科は全国各地に医院を展開しているため、様々な地域の人達が施術を受けられます。また、この医院に在籍している医師たちは、常に己の技術向上に励んでいるので、安全で質の高い施術を提供してもらえます。

サクラアズクリニック

サクラアズクリニック

  • 詳しくはこちら
  • 公式サイト

「心斎橋」、「京橋」と2つの医院を構えるサクラアズクリニックは、在籍している医師が全員女性の美容外科です。そのため、女性医師ならではの目線による対応、…

小顔になるための豆知識

ピースでは
小顔に見せられません。

写真を撮る際にピースをしている皆さん、それでは小顔に見せることはできません。あるポーズで写真を撮るだけで、上手く小顔に見せることができます。それは、「虫歯ポーズ」です。歯が痛い時に頬を抑える仕草に似ていることから、このような名がついています。直接、頬を隠すことができるため、小顔に見せることができます。この方法は主に女子中高生の間で流行しています。片方の頬でも十分に小顔に見せることができます。