小顔になるための施術法 頬骨削り

頬骨を削ることで
若々しい印象になる

頬骨が突き出ていると、顔が大きく見えるだけでなく、老けて見られてしまいます。なぜ老けて見えてしまうのかというと、頬骨下の頬がこけてしまうためです。そのため、小顔効果以外にも若々しく見せるために頬骨を削る治療を受ける女性は多くいます。では、ここで頬骨を削る治療方法について説明していきます。頬骨を削る際、傷跡が目立たないように口の中、または耳の上部からメスを入れます。頬骨が横に広がっているのか、前に突き出ているのか、皮膚や骨の厚さなどといった一人ひとりの状態に応じて削る位置や量を決めます。丁寧にデザインを決めることで、理想通りの小顔を手に入れることができます。左右の盛り上がり方が異なる場合、削る量を調整することで均等に整えることが可能です。医師の高い技術力が必要になる難しい施術のため、クリニックはきちんと選びましょう。理想通りの小顔を手に入れるためには、アフターケアの方法を正しく理解することも大切です。

施術のメリット

頬骨を削ることで小顔効果が得られます。さらに男性のようにごつごつした印象の顔がやさしい印象になり、女性らしい華やかな顔になります。また、鼻が高く見える効果もあるため、顔全体が引き締まって見えます。さらに、その効果は半永久的なため、繰り返し施術を受ける必要はありません。加齢により頬がこけて頬骨が突き出しているという人にとっても、頬を削る施術方法は有効的だといえます。頬のこけが解消され、若返り効果が得られるためです。

このようなお悩みの方におすすめ

  • 頬骨が突き出ている方
  • 頬がこけている方
  • 半永久的な効果を
    望んでいる方

よくあるご質問

Q入院は必要ですか?
クリニックによっては、約3日間の入院が必要になる場合があります。術後、すぐに帰宅したい場合は、入院制度を扱っていない医院で施術を受けましょう。また、入院の必要がない場合でも、抜糸のため通院しなければいけません。その期日は手術方法やクリニックによって異なりますが、平均的に翌日から一週間の間に抜糸されます。アフターケアが充実しているクリニックでは、その後も数回定期健診のため、通院する必要があります。
Q術後の痛みはかなりあるんでしょうか?
骨を削るため、多少痛みを伴う場合があります。しかし、ほとんどの場合が痛み止めを処方されるため、無理なく日常生活を過ごすことができます。また、痛みは数日で治まるため、ほとんどの美容整形と同じ程度のダウンタイムです。痛みや腫れが長引かないためにも、安静に過ごすことが大切です。そうすることで、綺麗な仕上がりになり、違和感なく定着します。痛みがある期間は熱いものや固いものなどを無理に食べないように気をつけましょう。

体験者の口コミ

頬骨を削る方法で小顔になり、実年齢より若く見られるようになりました。
頬骨が横に広がっていたため、顔が大きく見え、平べったい顔立ちでした。ずっとコンプレックスだったので、思い切って頬骨を削る方法で小顔になる手術を受けました。手術当日はすごく緊張していましたが、全身麻酔で眠っていたので平気でした。小顔になれると思えば、痛みや腫れも平気でした。むしろ、思っていたよりつらくなかったので拍子抜けしました。今では実年齢よりも若く見え、顔立ちも明るくなったので本当に幸せです。
いくつかの方法で悩んだ末に効果が永久的な頬骨削りで小顔にしました!
頬骨が大きいことがコンプレックスだったので、目立たないようにする注入方法か、骨を削る方法かで悩んでいましたが、効果が長いほうが良いと思い削る方法に決めました。事前に丁寧にカウンセリングしてもらえたことが印象に残っています。私でもイメージしやすいようにレプリカを使って仕上がりを説明してくれました。治療後もアフターケアの方法や、注意することを詳しく教えてくれたので、後遺症が出ることなく理想通りの小顔を手に入れられました。

おすすめのクリニック

品川美容外科当サイトオススメ

品川美容外科

  • 詳しくはこちら
  • 公式サイト

品川美容外科は全国各地に医院を展開しているため、様々な地域の人達が施術を受けられます。また、この医院に在籍している医師たちは、常に己の技術向上に励んでいるので、安全で質の高い施術を提供してもらえます。

サクラアズクリニック

サクラアズクリニック

  • 詳しくはこちら
  • 公式サイト

「心斎橋」、「京橋」と2つの医院を構えるサクラアズクリニックは、在籍している医師が全員女性の美容外科です。そのため、女性医師ならではの目線による対応、…

小顔になるための豆知識

小顔の大敵
「顔がゆがむ原因」

小顔の大敵である顔の歪み。その原因を解明することで小顔になる方法を見つけられます。ご飯を食べる際、どちらか片方で噛む癖がある人は口元が歪む恐れがあります。左右平均的にバランス良く噛むことで、歪みを解消できます。頬杖を無意識についてしまう人も要注意。顔のみならず体全体が歪みやすくなってしまいます。睡眠時にも注意が必要です。同じ方向を向いて寝る、もしくはうつ伏せで寝ることが多い人は顔に圧力がかかり歪んでしまいます。